読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qの箱庭

ショートストーリー仕立ての毎日

 わたしの勤務形態においては5連勤というのは長い方で、

大抵は週2日の休みは月木とか火金とか、そういう周期であることが多い。

 

まあ勿論繁忙期だしそんなこと言ってられないのだけれど。

それでも今月は2回休日出勤したし、

昨日まで4連勤→1日休み→5連勤(残業付き)だったし。

ちょっとくらい自分を褒めてもいいよね。がんばったわたし。

 

 

 

今月は休みが来るたびに2時間くらいヒトカラに出かけて、

その後2、3クレ分だけDDRダンスダンスレボリューション)をしてた。

多少変えることはあっても、大体は同じ曲を歌ったりプレイして

スコア(点数)をチェックしてた。

スコアはいつも一定ではなく、そのときの体調などによって変わったりした。

 

 

意図的にそうしていたわけではなかったけれど気づけばそうなっていた。

たぶん、バランスを取っていたのだと思う。

めまぐるしく変化する、気候、周囲の人々、仕事内容、商品の在庫。

それによって変化する、自分の体調や精神状態。

今の自分がいつもの自分ではないような気がしたりもして、

不安定なことが余計に不安になって。

 

だから休日はいつもと同じことをしながら調子を確認していたのだと思う。

安定と不安定のバランスをとっていたのだと思う。

 

 

その一方で、同じ毎日に不安になったりもしていた。

また一年が終わってしまう。まだ何もできていない。

20代の大半は感情の大波でできていると何かの本に書いてあったけど

まさに波がきていて、ずっと焦っていた。

 

だから、手帳を買った。

手帳自体は1年だけど、3年後までの計画を立てられる手帳を買った。

それから、腕時計を買った。

時間に振り回されないように、

自分が時間の主導権を握れるように、腕時計を買った。

f:id:Qingum:20141230005039j:plain

バランスをとって、風を掴めるように、時を見計らうわたしは

まるで鳥のようだと思った。

 

 

 

 

 

失敗したり嫌な出来事があって絶望しそうになるときに

「とびたい」と思うときと「しにたい」と思うときがある。

自分はどこまでも無力で、自分で風を生み出すことも

遠くへ飛ぶこともできなくて、ただただ悔しくて。

 

「とびたい」と思うだけのエネルギーがないときは

「しにたい」になって休息をとる。

でもエネルギーがあるときはやっぱり「とびたい」と思う。

 

 

わたしは鳥だ。一人では無力な鳥だ。

でも知っているのだ。世界には素晴らしい風がいっぱいあって

素晴らしい景色がいっぱいあって、

確かに風当たりは冷たいけれど、わたしの味方もいっぱいいて、

その景色まで行く方法もきっとあるということを。

 

だからわたしはバランスをとる。時を計る。

飛びたいんだ。だからそのための準備をする。来年はそんな一年になる。予定。

 

 

 

 

 

--------

たぶん年内最後のブログ記事になるのでご挨拶。

あまり更新できませんでしたがこんな更新頻度の少ない辺境のブログを

読んでくださる方に心から感謝です、ありがとうございました。

来年も引き続きお付き合いいただければ幸いです。

 

それでは、良いお年を。