読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qの箱庭

ショートストーリー仕立ての毎日

57577の鍵握りしめ想像力の扉を開く( #短歌の目 参加してみました)


今月のお題 - はてな題詠「短歌の目」

 

夜更けにこんばんは、きゅーいんがむ(id:Qingum)です。

前々から気になっていた短歌といふものを10首、

お題に沿って詠み合うイベントを発見したのでこの機会に参加してみます。

id:macchauno 様、素敵なイベントをありがとうございますm(_ _)m)

 

------

(以下本文。もし気に入ったものがあれば引用スターとかつけていただくと

めちゃくちゃ尻尾振って喜びます)

------

 

1.白

何もかも白紙に戻してしまいたい 願う私の頬に白雪


2.チョコ

チョコレート売場に群がる人々を パイナップルを持って追い越す


3.雪

除雪車のウォンウォンと鳴る騒音に また目を覚ます今年の冬も


4.あなた

老後まで手繋ぐ夫婦でいたいので 今日から「あなた」と呼ばせてください


5.板

正直と嘘つき村の中間で どっちつかずの僕板挟み


6.瓜

西瓜棒(すいかばー)食べる季節を経る毎に いつかあたしも西瓜婆(すいかばばあ)よ


7.外

家の外この町の外海の外 この星の外その更に外


8.夜

ブランコに揺られる影が伸び切って 闇にとけたら夜のはじまり


9.おでん

「こんにゃくと大根がんも二つずつ カップは大で」おでんを頼む


10.卒業

アルバムの初恋の人の横顔を 追うのが卒業出来ずにいます

 

 

------

 

(以下、やってみた感想など)

 

10日で10個(わたしがこのイベントの存在を知ったのは13日頃だったので実質7日ぐらい)、簡単なようで意外に大変だった。

短い期間で連続して考えようとするとどうしても似たような言葉ばかり浮かんでしまうし

最初6個ぐらいするする出てきて急に詰まったりする。

最後の1題(どれかは読者様の想像におまかせします)が最後まで出てこなくて

この記事本文を書いている途中にようやく出てきました。出てきてよかった。

 

 

キーワードひとつで字数制限付きで言葉を練るのって面白い。

普段の自分から出てこない言葉がするする脳から引きずり出されてくる感じ。

しりとりにも似ているけれど、でももっとずっと感情的な何か。ふしぎ。

あと、どうすればこの言葉を使えるかな、豊かに何かを伝えられるかな、って

考えるの、想像力が鍛えられてよい。

わたしは想像力があまり豊かじゃなくて、先の予測が特にへたくそで

スケジューリングを失敗する傾向があるのでこの機会に色々想像できるようになりたいなー。

 

 

制限があるから想像ができる。

57577、ひみつのあんごう。

それはまだ知らぬどこかへと続くパスポートなのかもしれない。