読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qの箱庭

ショートストーリー仕立ての毎日

みそひともじのいっぽ(「短歌の目」第5回)

短歌

こんにちはこんばんはきゅーいんがむです。

 

tankanome.hateblo.jp



毎度閲覧、引用スター、感想ありがとうございます。
短歌の目、今月も参加します。
もしお気に入りが見つかればまた引用スターなどいただけるとめちゃ喜びます。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 



------------------------------

1.手帳
テストでは見たくないあの○と× 手帳に書くと何故か楽しい


2.花火
花火ドォーン 大会にドドォーン 来たけれど ドンドン音に 声消されドドン


3.虫
カブト虫グミならばまだ許せるが 幼虫グミよ てめーはダメだ*1


4.白
白雪は頬の温度で溶けたあと 忘れられない春へと変わる*2


5.アイス
コーヒーのアイスを頼んだ筈なのに 何故か出てきたアイスを食べる


6.プール
この俺は プールサイドじゃ収まらない 俺はセンター お前はレフト


7.すず
七草のすずなすずしろ言えなくて五草になってた鈴木元気か?


8.アンタレス
赤星にさそり怪獣アンタレス思い浮かべるウルトラの夏*3


9. 雷
ゴロゴロと雷鳴部屋に木霊する まだ二時間目の途中なのに


10.【枕詞】ぬばたまの
ぬばたまの闇に消え行くその影に 手を伸ばしかけ じつと堪える


------------------------------

 

 

 

 

 (以下余談)




たとえば、手帳というお題があったときに

これまでのわたしは

手帳とはこういうものだろう、というイメージから文を書いていた。


でも最近は、
頭の中に「手帳」という言葉を開いて、それを使うタイミング、使い方、使っているひと。

そういう風景を想像して文を書くようになった。


短歌を詠みはじめてから、
ちょっとだけ「言葉」の奥に踏み込めるようになった。
だからちょっとだけ、自分の視野が広がった気がする。
見えていたはずなのに見えていなかったものに、短歌を通して出会えている気がする。


……というのが、短歌と「短歌の目」に出会って半年、
今わたしに起こっている嬉しい出来事です。

 

小さくて大事な一歩。「想像力の扉」の、その奥への一歩。

 

 

------------------------------

*1:わくわくずかんグミ カブトムシ編 かばや - 食感命

(件のグミについて詳しく載っていたのでリンクさせていただきました)

*2:57577の鍵握りしめ想像力の扉を開く( #短歌の目 参加してみました) - Qの箱庭

にて詠んだ"何もかも白紙に戻してしまいたい 願う私の頬に白雪"のつづき。

*3:ウルトラマンレオの登場怪獣 - Wikipedia